本文へスキップ

東京都の不動産を売却

東京の不動産を売却


トップページ > 日本に所有する不動産の売却 > 東京の不動産売却

東京の不動産を高値で売却

東京の写真

いま東京都の中古マンションや中古一戸建ては売り時か?

結論から言います。東京の不動産は、今が売りどきです。

週刊現代大暴落記事
※出典 週刊現代(平成27年10月24日発行)より

東京都で不動産を売却したいとお考えではないでしょうか?やはり不動産の売却をするならば、高い時に売りたいものでしょう。では、東京都のマンションなどの不動産は売るとしたら今がベストなのでしょうか。

東京都においては、東京オリンピックまでの間に住宅価格がさらに上昇することが考えられるでしょう。すぐ値段を高くマイホームを売りたいのであれば、『不動産買取一括査定』を利用するという手段もあります。

直近3年間においては、1万3千件から1万8千件ほど土地の取引が増加しており、2013年には19万5千件以上にもなっています。土地価格の上昇が予想されていることもあり、取引件数もさらに多くなっていくでしょう。

都心部などのある地域以外では、中古マンションや一戸建て住宅が取引されています。駅の近くなどの利便性の高い物件が人気となっています。バブル崩壊で下降し、再び上昇傾向であった土地価格はリーマンショックを機に再度下降をしました。

それでも人口は増えていることもありますし、東京オリンピックが2020年に開催されることになったことから、不動産価格の上昇が考えられます。以上を踏まえて、売却は少し待つこともできますが、東京都に対応している『不動産買取一括査定』のサイトがあります。こちらに登録することで、自宅をより高く売却することも可能になります。その方法で売却を進めるなら、今すぐ行動に移すと良いでしょう。

いくらで売却できるか調べておこう→

マンションや一戸建が、いくらで売れるかすぐに分かる!
売却価格を知る方法


東京都の不動産売買業者一覧

○『株式会社リブラ』
東京都豊島区にある売買業者となっています。東京メトロ丸ノ内線 新大塚駅からは歩いて3分の近さです。入居ローンもありますし、女性スタッフが応対してくれます。

○『アーバニクス・エージェント』
品川区にあり、城南エリアを主に扱っていることがポイントです。スピーディーな対応や、知識が豊富にある点も高いポイントとなるでしょう。売却する人に合った計画を立ててくれるのも嬉しいです。

○『株式会社 あきしまホーム』
昭島市にあり、『不動産コンサルティング技能登録者』であることが特徴です。外国語での対応も行ってくれます。

○『ケーコーポレーション』
文京区にある業者です。文京区の三田線白山駅から徒歩1分の距離にある、地域に根差した店舗です。

○『ジーランド』
品川区や目黒区を中心に営業をしています。仲介手数料が63万円という定額制になっているのがポイントです。19時以降も営業しているので、お仕事の後でも訪れることができるでしょう。

○『スターツピタットハウス』
都内各地域に店舗があります。大手業者ということもあり、宣伝をすることができますし、早い段階での高値売却も期待できるでしょう。ネットオークションの不動産部門への出品を行って貰うことも可能です。

○『センチュリー21』
東京都に本社があり、全国各地に店舗があります。元はアメリカの業者であり、世界73カ国に7千店舗以上もあるという、大きな会社です。

○『東武プロパティーズ』
墨田区にあり、東武鉄道が出資している会社です。東武鉄道の沿線を主に扱っています。



東京都の気候風土と不動産

日本の首都である東京は、不動産取引において価格が上昇してくる可能性が高いです。気候は23区や多摩地区においては太平洋側気候です。また、本土から離れた小笠原諸島は南日本気候と区分されます。不動産については、国や都の関わる大きなイベントなどの関係で、ますます価格が上向いていくことが予想されるでしょう。

面積は全国で45位の大きさです。それでも、人口では1位を誇っており政治や経済のまさに中心と言えます。土地柄としては、東京都内は、夏場は湿潤な上に暑さがあり、冬季になると乾燥をするという気候になっています。

さらに、世界的にも人気のある観光都市ともなっているため、世界各地から旅行客が訪れています。また、23区内は中でもあり外国人が多数居住していることも特徴です。

東京都の土地価格の平均は1坪で247.7万円となっており、日本で一番高い額となっています。その中でも一番高いのは1557.3万円の中央区となっています。

【完全無料】不動産の一括査定!

マンションや一戸建が、いくらで売れるかすぐに分かる!
いくらで売却できるか分かるよ!