本文へスキップ

岡山県の不動産を売却

岡山県の不動産を売却


トップページ > 日本に所有する不動産の売却 > 岡山県の不動産売却

岡山県の不動産を高値で売却するコツ!

岡山県の地図

いま岡山県の中古マンションや中古一戸建ては売り時か?

結論から言います。岡山県の不動産は、今が売りどきです。

週刊現代大暴落記事
※出典 週刊現代(平成27年10月24日発行)より

岡山県の最近の人口の推移を見てみると、転入数の方が転出数よりも多いです。つまり住宅をはじめとした不動産の需要は高い状態で推移する可能性が高いです。つまり土地価格や住宅価格が当面、大きく下落する可能性は低いと推測できます。

岡山県の土地価格を見てみると、坪単価は20.1万円で全国23位の価格です。県内で最も高い坪単価を記録しているのは、岡山市北区で44万円をつけています。この坪単価の設定ですが、経済規模と比較して現実的な数字といえます。土地の取引件数は2013年データで12600件程度、全国で見ると決して多くないかもしれません。しかし直近数年の動向で見ると、少しずつ伸びている傾向ですから、土地の売却のタイミングであると言えます。

岡山県の住宅価格を見てみると、ここ数年横ばいが続いています。しかし長らく続いてきたデフレ傾向が止まりつつあるため、今後価格が上昇する可能性は十分考えられます。このため、マイホーム購入を検討している人の中には早めに買った方が安い物件が見つかりやすいと考える傾向も強まっています。その意味では住宅の需要も高まっていると言えます。

岡山県では一戸建ても中古マンションも、購入を希望する人がまだ少ないながらも徐々に増えていることが分かります。もし不動産を少しでも高い価格で売却したいと思っているのであれば、今はいいタイミングだと思って、早めに準備することをお勧めします。

いくらで売却できるか調べてみる

マンションや一戸建が、いくらで売れるかすぐに分かる!
売却価格を知る方法


岡山県の不動産売買業者一覧

◯ ハウスドゥ! 倉敷中央店
ハウスドゥ! 倉敷中央店は日本全国に250もの店舗を展開しているハウスドゥ!の岡山県の店舗です。豊富な不動産売買の実績の中で、皆さんに最適の提案をしてくれます。

◯ サンタ不動産
倉敷市に本店を構えるサンタ不動産は、お客さんの立場に立って不動産売却を進めてくれる売買業者です。お客さんの意向などを聞きながら、お客さんにとって最適の売却方法を二人三脚で進めていきます。

◯ リーフ
サンタ不動産と同じく倉敷市にあるリーフは、不動産の売却をまだ決めていない人の相談にも気さくに乗ってくれます。

◯ 有限会社杉山燃料店 不動産事業部
津山市の有限会社杉山燃料店 不動産事業部は、リードジャパンという日本全国を網羅した不動産ネットワークの会員でもあります。日本中の不動産購入希望者とつながれますし、地域の買取事情に応じた査定金額を提示してくれます。

◯ ウェーブハウス
買取業者を見つけるにあたって、実績で比較したいと思っている人もいるでしょう。その場合におすすめなのが、岡山市のウェーブハウスです。岡山でもトップクラスの不動産売買の仲介件数を誇ります。これまでに培ってきたノウハウを生かして、より有利な条件で売却するためのお手伝いをしてくれます。

◯ 安藤嘉助商店 カスケ不動産
倉敷にある安藤嘉助商店 カスケ不動産は創業が明治16年の老舗です。長く倉敷の不動産取引にかかわってきていて、地域の人々の信頼も厚いです。地域密着なので掘り出し物が見つかるかもしれません。


岡山県の気候風土と不動産

岡山県は7114.62平方キロメートの面積を誇る県で、人口は2015年5月時点で192万654人の人口を抱えています。南部は瀬戸内海式気候で、夏場は北部の中国山地から流れ込んでくる風がフェーン現象によって温められることで、猛暑を記録することも多いです。一方北部の中国山地沿いは冬になると、豪雪に見舞われることもあります。

台風が上陸することもありますが、周辺を中国山地や四国山地に囲まれていて、この山地によって勢いが弱められる傾向にあります。このような地理的要因によって、他の都道府県と比較すると岡山県は、自然災害に見舞われる頻度は少ないです。

岡山県の土地柄不動産の特徴として、一戸建ての出る割合の多い点に注目です。面積や土地価格が関係しているとみられますが、一戸建ての取引が活発です。

マンションに関しては、県内ではあまり多く出回っていません。ただし岡山市の市街地の周辺では、中古マンションの販売もしばしばみられます。

おすすめの不動産の一括査定サービスは?

マンションや一戸建が、いくらで売れるかすぐに分かる!
いくらで売却できるか分かるよ!